ローランドエレクトロニック社

ローランドエレクトロニック社(Roland Electronic GmbH)はダブルシート検出器、溶接継目位置検出、タイヤスチールコード検出器、金属表面の品質検査、異材弁別に関して業界のリーダー的存在となりました。ドイツ南部で1965年に創設されたローランド社は、米国支社も併せて、長年にわたってその板厚検出技術で世界の自動車製造、板金プレス、包装業界、製缶業界、タイヤ業界、家電業界に実績を重ねております。

主な製品

溶接継目位置検出システム


SND40 SERIES

チューブ・パイプ用
検出システム



板材用検出システム

SND40 SERIES は、チューブ・パイプや板材の溶接継目検出システムです。
チューブ・パイプ用の検出システムでは溶接継目箇所の検出だけではなく継目部の位置決めも同時に行えます。

検出方法:漏磁束方式と渦電流方式との併用方式を使用し、特殊フィルター回路により、光学式検出システム等の検出欠点をすべて解決したきわめて精度の高い検出方式です。

用例

◆ CNC チューブベンダーで造られる自動車用部品(排気マニフォールド、ヘッドレスト、サイドピラー、ロールバー、エンジンベッド等)やチューブベンディングマシン、ハイドロフォーミングプレスに使われるパイプの溶接継目位置検出。
◆ レーザーチューブカッティング、チューブフォーミング、チューブ型打ち抜き、チューブ端整型、チューブノッチング。
◆ 溶接継目のある低価格コイル板材を使用するブランキングプレス工程、定尺材切り出し工程で溶接継目箇所を廃棄するための位置検出、ワイヤー、金属棒材、ケーブル等の長尺押し出し成型材の溶接箇所の検出。
◆ 200 リッタードラム缶や同等の缶にシルクスクリーン印刷を行う前工程としての溶接継目箇所検出。

ダブルシート検出システム


L20 SERIES

I20 SERIES

UDK20 SERIES

E20 SERIES

接触シングルセンサー型
E20 / UDK20



非接触対向センサー型
I20



レーザー方式
L20

E20,UDK20,I20,L20 SERIES は、板材のダブルシート(2 枚送り)検出システムです。
これらの検出システムは鋼材、アルミ材、ステンレス材等のダブルシートを高速かつ正確に検出します。その優秀性は世界のマーケットにおける数千件に及ぶ使用実績により証明されております。接触シングルセンサー型は、センサーと被検出板材との密着性が大きく改善され、真空吸引カップ内にセンサー装着が可能です。また、磁力を扇状に広げる特殊設計のセンサーにより高精度な検出ができます。

検出方法:E20 SERIES:
 電磁誘導方式。接触シングルセンサー型。
UDK20 SERIES:
 電磁誘導方式+渦電流方式。
 接触シングルセンサー型。
I20 SERIES:
 渦電流式。 非接触対向センサー型。
L20 SERIES:
 レーザー方式。

用例

◆ プレス絞り工程、スタンピング工程においての金型保護。
ブランクフィーダー、ブランク・デスタッカー、ロボットローダー、ブランク洗浄機、ブランク潤滑器、マグネットコンベヤー、センタリングステーション等に内蔵検出システムとして使用されます。
◆ 自動車のホワイトボデー製造工程における不要部品検出。
内部非可視部の不要部品検出(「ポカよけ」)の用途に使用されます。

ワイヤー、棒鋼、部品の品質管理システム


ECT40 SERIES

UFD40 SERIES

UFD40 SERIES



ECT40 SERIES

UFD40,ETC40 SERIES は、磁性材、非磁性材の製品・部品の欠陥や品質問題を非接触にて検出するシステムです。

検出方法:渦電流および磁気誘導原理を用いたセンサーを使用した方式です。

用例
自動車部品の溶接シームジオメトリ検査、穴点検、クレーター、クラックやチューブ、コイル材、ワイヤー、棒鋼、金属製半完成品、鍛造部品の表面疵検査等。

異材弁別、焼入れ具合の判定、板材の厚み測定システム


I20 SERIES

I20 SERIES

渦電流方式の非接触対向センサーにより、部品の焼入れ具合や異材弁別の検査が可能です。
測定モードを切り替える事により板材の厚み測定にもご使用頂けます。
PLC とのI/O 接続の他、各種フィールドバス規格にも対応しております。

トラック・バス用タイヤスチールコード検査システム(SIS)スチールコード間隔検出器


SIS XP SERIES

SIS XP SERIES

トラック・バス用スチールコード強化ラジアルタイヤの製造工程の中で、カレンダー工程、またはその後のカッティング、スプライス工程等スチールコードの間隔不揃いが発生する可能性のある工程がいくつかあります。その不揃い発生をいち早く発見するのがスチールコード検査システム(SIS)の目的です。このシステムは、電磁誘導方式による金属板厚検出技術をさらに発展させて作られた信頼性の高い製品で、すでに多くのスチールコードタイヤ製造ラインで稼働しております。従来のエックス線検出方式に求められる作業者の健康管理や安全管理のための厳しい法令順守等は全く不要です。

カタログのご請求

● お電話でのご請求:03-3584-4251

● E-mailでのご請求:jccsales@jcct.co.jp

E-mailアドレスをクリックするとメールソフトが起動します。
タイトルに「カタログ請求」とお書きの上本文に「ご希望のカタログ」「ご担当様のお名前」「送付先」を明記の上、送付してください